既卒 正社員就職のためのオススメ就活サイト

既卒おすすめ就職・就活サイト

20代で正社員就職した方が成功しやすい

20代仕事探し

30歳の壁!20代で就職した方が良い理由

投稿日:

20代で正社員就職した方が良い理由

就職の年齢の壁、30歳を前に20代で就職を目指すべき

正社員就職を考えるなら、就職活動は20代の間に終わらせておくべきです。

就職を考えた時、

「年齢の壁」

があります。

ご存じの方も多いと思いますが、「25歳」「27歳」「30歳」の3つの年齢の区切りです。

いずれも、この年齢を超えると職歴なし・社会人経験なしでも中途採用されやすい求人が減る、という年齢となります。

特に正社員経験なし未経験OKの求人が減るのは、30歳です。

30代になっても「職歴なし社会人経験なし」から就職は全くできない、といったわけでは無いのですが求人はかなり偏ったものしか見つからなくなります。

30歳を超えて未経験OKの求人の中から、やりたい仕事が見つかる可能性は正直、低いのではないでしょうか。

既卒からのフリーター、ニート脱出。
正社員就職を考えた場合には、求人がまだ探しやすく職種も選びやすい20代の間がやはり良いでしょう。

一人での就職活動に不安がある方、就活のはじめ方が分からない・・・といった既卒の方にもオススメです。

⇒ 既卒おすすめ就職・就活サイト

20代の仕事探しに活用することが出来る、内定率が高い就職サイトをご紹介しています。

なぜ「職歴なし・社会人経験なし」30代は就職が難しいのか

なぜ、職歴なし・社会人経験なしのまま30代になってしまうと就職が難しいのでしょうか。

改めて30代で未経験から就職が難しくなる理由を見ていきたいと思います。

30代になると未経験歓迎の正社員求人が減る

30代で職歴なし未経験から正社員就職が難しくなる最も大きな理由は、求人が減るからです。

求人が減れば応募出来る仕事が減ります。

また、辛うじて募集されている求人の職種も、かなり限定されます。

やりたい仕事である可能性は、とても低いです。

企業としても、未経験者を採用するのであれば20代に限定したい、という場合が非常に多く30代でも採用するケースは稀です。

人材紹介を利用しても、企業から採用の条件として「未経験者は20代まで」といったことが多いために、

「紹介できる求人がございません。申し訳ありません」

と断られてしまう事が多くなってしまうのです。

30代OKの正社員求人も無い訳ではありませんが、難しい・・・ということになります。

そのため、20代限定で正社員就職支援を行っている就職支援サービスが多いというわけです。

ただ、

⇒ DYM就職

などはサポート可能な年齢が18歳~35歳と他の就職支援サービスよりも広くなっています。

必ず就職が可能というわけではありませんが、求人状況によっては30歳~35歳の方も求人紹介を受ける事が出来ますので、相談をされてみてはいかがでしょうか。

30代を対象とした求人は、基本的には経験やスキルが重視される即戦力求人となってしまいます。

30代に求められるのは即戦力

30代になると既卒後フリーターやニートから就職をするのが難しくなるのは、やはり年齢に応じた経験やスキルを求められる事が多くなるためです。

企業としては32歳で未経験者を採用したとして、採用後の教育や活躍できる年数、伸びしろを考えた場合には、やはり20代を採用したいと考えるのは当たり前といえます。

働く立場としても周囲はみんな一回りくらい若いと、職場には居にくいのではないでしょうか。

相当のコミュニケーション能力が無ければ、馴染めむことも難しいのではと思います。

もし採用されたとしても職場の人間関係に慣れる事が出来ず、早期離職といったことも考えられます。

そうした職場の雰囲気、サポート体制も重要です。

30代になってから未経験から正社員就職する場合には、職場選びも重要なポイントとなってきます。

基本的には30代求人は即戦力を求めるものが大半です。

応募出来る仕事が激減することこそが、就職が難しくなる最大の理由といって良いでしょう。

既卒、20代 職歴なし・社会人経験なしから正社員就職する方法

既卒後、就職を目指して就活をする場合には、

・ハローワーク
・求人サイト
・就職支援サービス
・企業の採用ページから直接応募

といった方法などがあります。

サポートや相談ができる就職活動の方法を選んだ場合、いずれも重視されるのは面接対策です。

既卒者が内定獲得をするには、やはり面接が最大の壁となります。

既卒後、何をしていたか

既卒の就職活動、もしブランク期間が空いてしまっている場合には、

「卒業後、何をしていたか」

ということが大切となります。

既卒の面接でも確実に聞かれる質問として、

大学(高校)を卒業してから、今まで何をしていましたか?

といったような質問があります。

嘘をつくのはダメですが、出来る限りポジティブに面接官に伝えることが重要となります。

フリーターをしながら何を学んだのか。

公務員試験を目指していたが、民間企業への就職に切り替えた理由。

ニートになった理由。就職しなければと思った理由。

興味を持てる仕事が見つかったので資格取得を目指した、など。

質問に対してネガティブな受け答えにだけはならないように、言葉遣いにも気を遣う事が大切です。

既卒の就職活動には、就職支援の経験豊富な就職エージェントの活用がオススメ

既卒から正社員就職を目指す場合、ブランク期間が長く空いてしまっている20代後半の既卒の方には特にオススメですが、就職エージェントを活用される就活方法がオススメです。

一人では万全の面接対策は難しいです。

突っ込まれたら答えられずに、沈黙の時間が流れてしまって気まずい・・・といった可能性も高くなってしまいます。

聞かれたくないことが、面接官が知りたい事ですからズバズバ質問される事になります。

「えーと・・・」

「それは・・・」

と面接で沈黙してしまうのは絶対に避けたいですね。

面接対策は、経験を積んだアドバイザーからサポートを受けた方が良いでしょう。

人事担当者や社長とパイプを持つ就職エージェントが多いため、欲しい人材、採用したい条件などを熟知していることが多いです。

そのため、企業ごとに対策を立てることも可能です。

既卒者が確実にされる質問も把握していますから、面接対策をしっかり行い準備しやすくなります。

自信を持って面接に臨める、ということも大きなメリットではないでしょうか。

⇒ 既卒おすすめ就職・就活サイト

では内定率が高い就職支援サイトをご紹介しています。

いずれも利用は無料です。

相談から自分がやりたい仕事、向いている仕事を探しながら就活を進める事も出来ます。

まずは情報収集から始めたい、といった利用でも問題ない(そうした方ほとんどだそうです)ですからぜひ活用してみてはと思います。

-20代仕事探し
-,

Copyright© 既卒おすすめ就職・就活サイト , 2018 All Rights Reserved.