既卒 正社員就職のためのオススメ就活サイト

既卒おすすめ就職・就活サイト

既卒向け合同企業説明会

20代仕事探し

25歳 既卒 職歴なしフリーターから就職

更新日:

25歳 職歴なしフリーターから正社員就職

既卒 職歴なしフリーターから正社員就職するには

25歳を区切りとして、そろそろ正社員にならないと・・・と脱フリーター、ニートを目指して就職活動の準備をしている方も多いのではないでしょうか。

既に就活を始めている方もいるかもしれませんね。

25歳になると、次第に親も含めて友人達にも将来の事を心配されることも増えてくるのではないでしょうか。

「いつまでもアルバイトで大丈夫?」

「いつ正社員として働くつもりなの?」

「20代後半になると、正社員就職がだんだん難しくなるんじゃない?」

どれも私が実際に言われたことがある言葉です。

大学を卒業してからフリーターをしているのであれば、既卒3年。

高校を卒業してからフリーターをしているのであれば、既卒7年。

既卒後、これくらいのブランク期間があったとしても今は若手人材、特に20代半ばくらいまでは非常に需要が高い状況です。

25歳フリーター、就職の可能性は十分あります

25歳なら、まだまだ無職やフリーターから正社員就職を目指すことは出来ますよ。

ポテンシャル採用も狙えますし、未経験でも応募可能な業界・職種ってまだたくさん見つけられる年齢です。

ただ、就職活動のやり方を間違えると、ずっと就職できないでいてしまう可能性はあります。

就活の仕方もいろいろな方法がありますけれど、自分に合った方法を選ぶ事はもちろんのこと、就職成功率の高い就活方法を選ぶ事も重要といえます。

私は自力での就活にこだわりすぎて、1年くらい時間を無駄にした気がします。。

もし、これから脱フリーター、正社員就職することを目指される方がいましたら、就職成功率の高い就活の仕方にも目を向けてみてくださいね。

社会人未経験、職歴なし 既卒向け正社員求人

25歳の時点で正社員として働いた経験が無い、社会人未経験という場合であってもまだまだ未経験者歓迎の求人を狙い、ポテンシャル採用を期待する事が出来る年齢ですね。

リクナビNEXT、マイナビといった知名度が高く求人数が豊富な求人サイトを利用しても、応募できる会社を多数見つける事も出来ます。

既卒 就職活動のやり方

就活の仕方としては大きく2つありますね。

  • 求人サイトを利用して自分で探して応募する方法
  • 既卒フリーター向け就職支援サイトを利用して求人を紹介してもらう方法

です。

どちらが良い、ということでもありませんから自分に合った就活方法を選ぶ事が大切になります。

とはいえ、既卒3年以上経っている場合には、ブランク期間が長いために書類選考や面接では不利になることも増えてきます。

書類選考で落ち続けてしまう・・・と言うことも珍しく無いのです。

自力での就活が上手くいかない場合、就職活動のやり方を変える必要がある場合が多いと言えます。
自分では直すべきポイントに気づけないから、不採用が続いてしまっていると言えますからね。

既卒フリーター向け就職支援サイト」を利用する事で、就職活動のプロからのサポートを得て就活をすることが出来ます。

履歴書や職務経歴書も添削のアドバイスをもらえますし、既卒フリーター・ニートOKの求人を紹介もしてもらえますから、求人サイトで自分で探して応募する場合よりも、採用選考が通りやすい企業といって良いでしょう。

・人物重視
・ポテンシャル採用

で中途採用を積極的に考えてくれますし、中には書類選考無しで面接が受けられる就職支援サイトもあります。

既卒フリーターの就活の仕方としては、できればこうした就職活動のプロにサポートしてもらいつつ、就職先を探す方法が今はオススメです。

⇒ 既卒おすすめ就職・就活サイト

既卒 25歳の就職活動

就職できない25歳既卒に足りないものとは?

25歳はまだまだ未経験であっても採用ニーズが高く、既卒者も就職しやすい年齢です。

もし、就職できないと悩んでいる場合には就職活動の進め方で何か修正しなければならない点があるかもしれません。

ブランク期間が空いている既卒者の就活では、次のポイントが重要と言われます。

  • 求人を選び過ぎない
  • 企業研究を徹底的に行い、志望動機を作る
  • 面接対策をしっかり行う
  • 行動量が落ちている

新卒者と比べると何かと不利になる事が多い既卒者の就活ですが、特に就職が決まらない方に共通して見られるのは行動量が落ちていることです。

既卒者の就活では、なかなか内定がもらえないのは前提で、毎回修正を重ねながら書類の応募、面接対策を行っていく事が大切となります。

企業の採用担当者がどんなことを重視して中途採用を行うかも抑えて、面接対策などに活かすと内定率を上げることも出来るのではないでしょうか。

未経験者を採用するとき、企業の採用担当者が重視すること

業務に関してスキル、知識の無い未経験者(既卒、大学中退者、フリーターなど社会人未経験者)を中途採用する時、企業の採用担当者がどんな点を重視するかというと、

  • 仕事への熱意
  • コミュニケーション能力
  • 人柄

などが上位に来ることが多いです。

社会人としてスタートが遅くなっている分、仕事への熱意が感じられる求職者を採用したい、という希望が採用担当者には共通して見られるといって良いでしょう。

また採用後には年下の先輩も多くいる職場で働くことになる企業も多いと思います。
仕事を教えてもらう機会もあるかもしれません。

そうした事も踏まえて、コミュニケーション力が高く人柄も良い人は、職場に馴染みやすいので仕事の覚えも早く、早期退職のリスクが少ないと考えてもらえるでしょう。

未経験者の採用は基本的には人物重視

であることは間違いありません。

職歴なし・社会人未経験。既卒から就職を目指す際、なかなか就職できない・・・とお悩みになっている場合には、こうしたことも改めて考慮して、面接対策などを行ってみると良いかもしれません。
25歳の既卒者は、まだまだポテンシャル採用される就職しやすい年齢と言って良いでしょう。

25歳の間に自分に合った職場、希望の職種に就き、20代後半戦でしっかりと成長していけると良いですね。

そのためにも内定率の高い既卒向け就職支援サイトを利用する方法はおすすめと言えます。

職歴なしフリーターいつまで就職大丈夫?年齢の壁

既卒になり、ズルズルとフリーターやニートを続けてきたけれど「そろそろ正社員就職しないと・・・」と情報収集をしている方も多いと思います。

中には、まだ就職しなくても良いかな・・・といった気持ちのある方もいるかもしれませんね。

フリーターやニート生活は確かに楽ですからね。
正社員として働き出すと、平日は朝早く夜遅く、自分の時間って激減します。

残業が多い職場、空くない職場と差がありますので、正社員になったからといって必ずそうした忙しい働き方になるとは限らないですが、今の生活よりは自分の時間は減る事にはなるでしょう。

フリーターと正社員では生涯賃金に格差がある

しかしその分、収入を得ることが出来ます。
仕事を続けていく事で、経験が身に付き、キャリアを考える事ができるようになります。

フリーターと正社員の生涯賃金はもう格差といって良いと思いますが、男性では2億円近い収入差が生まれてしまいますからね。

フリーターは何年働いても時給はほとんど上がりません。

正社員は基本的には毎年、基本給が上がりますし勤務先の企業の業績が良ければボーナス支給額が高くなるなどで還元も期待出来ます。

職歴なしフリーター、何歳まで正社員就職できるか

話を戻しますが、職歴なしフリーターが正社員として就職できるのは、29歳までといって良いでしょう。

30歳になると未経験者歓迎の求人が激減します。
それは、企業が30代で中途採用したいのは即戦力となるからです。

採用してから教育の手間も時間もかかる職歴なし・社会人未経験者は20代まで、とする企業はとても多いのですね。

30代でも未経験OKとして応募を受け付けている企業はありますが、その職種や仕事の多くは、営業職、工場勤務、清掃、飲食店などになってきます。

人手不足で就職しやすいと言われるITエンジニア職も、30代になるとほぼ採用されません。
未経験で採用するのは27歳くらいまで、というIT企業の採用担当者はとても多いんですね。

体力的、覚えるべき知識など膨大ですから年齢が重視されるようです。

職歴なしフリーターから正社員就職することを考えた場合、選択肢がある程度得られる年齢としては、29歳までといって良いでしょう。

30代に無職で突入してしまうと、就職に関して非常に厳しい状況に置かれてしまいます。

20代の間、25歳前後であればまだまだ色々な業界・職種を選んで応募をする事ができます。

ぜひ今のうち、20代の間に正社員就職を目指される事をオススメしたいと思います。

⇒ 既卒おすすめ就職・就活サイト

-20代仕事探し
-,

Copyright© 既卒おすすめ就職・就活サイト , 2019 All Rights Reserved.