既卒 正社員就職のためのオススメ就活サイト

既卒おすすめ就職・就活サイト

既卒から正社員就職するために

既卒 就職活動

成功率の高い、既卒フリーターから正社員へ就活の仕方って?

更新日:

既卒フリーターから正社員へ就活の仕方

既卒の就活方法

既卒になってから就職を目指す場合、思ったように就職活動が上手くいかず長期化してしまったり、就職する事を一旦あきらめてフリーター生活やニート生活に突入する人もいます。

既卒とは

既卒(既卒者)とは、高校、専門学校、大学などを卒業後、一度も就職した事が無い人のことを指します。

既卒3年以内は新卒扱い、ということで近年は大手企業でも多くが既卒者の応募を受け入れています。

既卒の就活方法は、新卒とは異なります。

学校を卒業後は中途採用を狙っての求人への応募となります。
在学中とは準備も異なる部分もありますので、注意が必要ですね。

既卒者が就職活動を行う場合、例えば次のような方法で正社員求人の情報を集める事が出来ます。

・求人サイト
・ハローワーク
・企業の採用ページ
・就職エージェント
・求人誌

最近は、既卒者向けの求人サイトも登場していますから、卒業後も昔よりは就活のための情報収集もしやすくなってきていると言えると思います。

既卒は就職が難しい?

既卒は就職できない

既卒になってしまうと就職は難しい

と、以前はよく言われたものですが、決してそんなことは無いです。

実際、多くの既卒の方が就職に成功して正社員として活躍していますからね。
しかし、新卒の内定率と比べて、既卒の内定率が厳しいのは確かです。

それに応募出来る求人についても、既卒は少なくなります。

新卒採用のみ、中途採用を行わない企業も多数あります。

また、中途採用を行ったとしても即戦力が中心で未経験者は原則採用しない企業も多いです。

既卒者は職歴なし・社会人経験なし、という状況もあり応募出来る求人が少ないというハンデがあります。

少ない求人の中から、自分に合った仕事、会社を見つけて応募をしていくことが重要となりますね。

就職のためのチャンス(応募可能な正社員求人)が少なくなる事から、就職は難しくはなるといえますが、無理ではありません。

そして就活を成功させるには、在学中の時の就活と同様に情報収集、準備が大切となります。

既卒の就活は新卒の時と比べて、不利になる事が多いです。
書類選考で落ちる事も増えるかもしれません。

新卒の時は面接までは行けたのに・・・なかなか書類選考も通らない。面接すら受けられないのか・・・

と思ってしまう事もあるでしょう。

しかし、就活をしても不採用になってもあまり落ち込まず、気持ちを切り替える事が大切です。

既卒である事を受け入れて、就活が不利なことも受け入れておく。
そうすることが就職活動の始めの段階では重要なことといえそうです。

成功率の高い、既卒フリーターから正社員へ就活の仕方

不利になりがちな既卒者の就職活動ですが、少しでも有利に就活をするために次のような就職サイトの活用をオススメしています。

既卒で就活する際には、既卒者の就職支援を専門とする就職エージェントの活用が効果を発揮します。

既卒者やフリーターの方など、アルバイトや無職から正社員就職を目指す方の就職支援の経験が豊富ですから、一人ひとりに合ったサポート内容で内定獲得までサポートしてもらう事が出来ます。

「既卒の就職活動、改めてどう情報収集を進めていけば良いかよく分からなくて・・・」

といった場合でもサポートをしてもらいながら就活を進めていく事が出来ます。

求人サイトの場合だと、いくら求人検索で絞り込みでも既卒歓迎の求人ばかりを見つけるのは難しいです。

しかし、既卒向け就職エージェントを活用する場合には、

既卒を歓迎する企業の求人

を紹介してもらう事が出来ます。

既卒向けの就職支援、おすすめ就職エージェント

こうした既卒向けの就職支援を行っているエージェントとして、

⇒ DYM就職
相談からの成功率が高く、一部大手、ベンチャー企業などからの求人あり。対応エリアも広い。

⇒ ジェイック
無料の就職支援講座、約20社との面接会などが特徴。対応エリアが多く、サポートが手厚い。

⇒ ハタラクティブ
関東・関西で就職希望の方へ。大手企業からの求人多め。

などをご紹介しています。

大手企業の求人も含めて、様々な業界・職種の求人から探したいのであれば、DYM就職、ハタラクティブなどがオススメです。

研修あり手厚いサポートを希望されるのでしたら、ジェイックも検討してみてください。
利用可能なエリアが多い事も特徴です。

ジェイックは研修期間が必須ですから、サービス内容が合う・合わないを事前にしっかり検討する事が重要です。
説明会に参加し、自分に必要な就職活動のサポートが受けられるかどうか判断する事も出来ます。

既卒者の就活の場合には、自分で求人サイトも利用して情報収集をしつつ、こうした就職エージェントも活用してと並行して就活を進める方も多いですよ。

既卒も新卒者向けの就職サイトを利用出来る?

既卒者が求人を探す時の方法として、新卒者向けの就職サイトを利用する事が出来るケースもあります。

「既卒3年以内は新卒扱い」ということで企業によっては新卒者と合わせて、既卒者の応募も可としている場合もあります。

ただし、実際に応募して既卒者が採用されるかというと狭き門ではありますし、新卒学生と競う事にもなります。

しっかりと企業研究をして、志望動機を作り、面接対策をする。
今度は既卒者ならではの質問に対しても答えを用意するなどしなければなりません。

なぜ、新卒で就職しなかったのか

卒業後、何をしているのか

といったような質問もされるでしょうから、しっかりと面接対策をする必要があります。

既卒から正社員就職を成功させるには行動量もポイント

既卒から正社員就職を成功させるためには、応募数を増やす事も大切です。

特に自分自身で就職活動を進める場合には、受ける会社が多いほど内定するチャンスは増えると言えますからね。

就職エージェントを利用した場合には、応募する企業ごとにアドバイスももらえますから、仕事内容などをしっかり理解し、ミスマッチが無いようにする事も重要ですね。

内定率が高いのは就職エージェントでの就活、サポートを受けながらの就活といえます。

職歴なし・社会人経験なしだからと就職活動に対してネガティブになる必要はないですよ。

20代はまだまだ若手、未経験でもOK、採用してから伸びてくれれば大丈夫。
そうした考えから積極的に中途採用を行っている、企業(主に中小企業)はたくさんあります。

既卒者に特化、専門的なノウハウや多くの求人を持つ就職エージェントなどを活用し、少しでも有利に就職活動を進めてみてはと思います。

⇒ 既卒向けの就職支援、おすすめ就職エージェント

-既卒 就職活動
-,

Copyright© 既卒おすすめ就職・就活サイト , 2018 All Rights Reserved.