既卒 正社員就職のためのオススメ就活サイト

既卒おすすめ就職・就活サイト

既卒ニート歴が長い人の就職活動

既卒ニートの就活

既卒ニート歴が長い人の就職活動

投稿日:

既卒 ニート歴が長い人の就活

既卒ニート歴が長い人の就職活動どうする?

高校や大学を卒業後、既卒ニートという方が就職をしようと思った時、どういった就職活動をすると内定獲得しやすいでしょうか。

「人手不足だし売り手市場だし、本気で就活したらすぐに就職先は決まるかも?」

とお考えの方もいるかもしれません。

しかし、実際に既卒として就活をしてみると応募可能な企業が少なく、正社員になることの難しさにすっかり就活のモチベーションが下がってしまう方も少なくありません。

就職活動の難しさは既卒後、年齢が上がるにつれて厳しくなっていきます。

それこそ、就職できない状況になる可能性もあります。

既卒は就職できない、は嘘ですが既卒後、ブランク期間が長くなっていくと本当に就職できない状況になる可能性はあります。

既卒ニートから正社員就職を目指す場合、1歳でも若いうちに就活をスタートすることが大切です。

就活に関しても、いつまでに就職先を決める!と期限を決めて取り組んだ方が内定獲得はしやすいです。

3ヶ月、半年は就活に一生懸命取り組んでみる。
期間を決めるからこそ、集中して就職活動をする事ができます。

1年、2年とダラダラと就活をすると、途中で疲れてしまって就活を止めてしまうかもしれません。

1年ずっと高いモチベーションで就活をするのって、無理ですよね。

既卒ニートの就職活動、就職率が高い方法を活用する

既卒ニートから正社員就職するには、就職支援のプロを利用する方法が一番のオススメです。

専任の就職アドバイザー、キャリアカウンセラーがサポートとして付いてくれて内定獲得までアドバイスや就活の様々なことを代行してくれます。

既卒向け正社員求人も多く取り扱っていますから、情報収集も効率良く行うことができるのも便利なポイントです。

履歴書の書き方、職務経歴書の書き方、面接対策、会社の選び方、入社前準備など、就職に関することであれば全て相談可能です。

⇒ 既卒おすすめ就職・就活サイト

既卒の就活は、新卒とは違います。

最初、既卒の就活に頭を切り替えられない方は苦労されることも多いかもしれません。

そうした就活の軌道修正も、就職支援サービスを利用することでアドバイスを元にしっかりと修正し、就活準備ができるようになります。

既卒ニートは就職できない、は過去の話

既卒になると就職できない、と言われたのは過去の話です。

今は未曾有の人手不足という状況もあり、既卒、フリーター、ニート、大学中退者、いずれの方も正社員就職はしやすい状況になっています。

既卒者の内定率に関して、人材紹介大手のマイナビが調査結果を発表していますが、

・2018年度 45%
・2017年度 44%
・2016年度 45%
・2015年度 43.2%
・2014年度 30.7%
・2013年度 29%
・2012年度 23%

という既卒者の内定率となっています。

この数年は既卒者の内定率も5割には満たないですが、以前と比べて高い内定率になっていると言えるのではないでしょうか。

人手不足が強く言われ出した時期頃から、既卒者の内定率も上がってきていると言え、この傾向はまだ数年は続くことが考えられます。

既卒フリーター・ニートから正社員就職を目指すには、今は正社員求人が見つけやすい、良い状況になっているといえますね。

既卒ニート、就職できない人の共通点

既卒ニート、就職できない人には共通点が見られます。

就職できない既卒者は行動量が少ない

以前よりは就職しやすい状況にはなっている、とはいえ既卒者の就職活動はまだまだ厳しいといって良いでしょう。

新卒学生のように内定率98%といった状況には決してならないでしょうし、実際、1年、2年と就活をしても内定がもらえない既卒の方もいます。

不利になりがちな既卒の就活ですから、求人を絞り込んで1つずつ会社を受ける、といったことでは時間がいくらあっても足りないかもしれません。

あっという間に3ヶ月、半年、1年と就職できないままに時間が過ぎていく可能性があります。

自力での就活であれば、複数の企業を並行して応募、選考を進めていくことも大切です。

新卒時に比べて既卒になってから就活の行動量が減る人は多いと言われます。

新卒と比べて既卒は不利な就活になるのですから、その分、行動量が増えなければ内定獲得はさらに難しくなると言って良いのではないでしょうか。

求人を選び過ぎて就職が決まらない

先ほどの行動量の少なさに関連しますが、応募する求人を選び過ぎている既卒の方も就職が決まりにくいです。

既卒ニートは特に書類選考で落ちることも多く、面接に進むためにもある程度の数(応募先企業)が必要です。

会社の規模、知名度、待遇、仕事内容なども選びたいところだとは思いますが、既卒向け求人には積極的に応募していくことも大切といえます。

自己分析をして職種の絞り込みは必要とは思いますが、企業規模などではあまり選び過ぎない方が良いといえるでしょう。

ただでさえ応募できる求人が既卒者は少なくなっています。

求人を選び過ぎていることで、行動量が減っている方は注意が必要かも知れませんね。

既卒から就職成功するためのポイント

既卒ニートから就職に成功するためのポイントをみていきましょう。

幾つかのポイントを抑えて就活をすることで、今まで以上に書類選考が通りやすくなったり、面接対策がしやすくなる、といったことがあります。

既卒向け求人へ応募する

求人サイトを利用して就活する既卒の方も多いと思いますが、他にも応募者が多いのが実際です。

新卒、第二新卒、転職希望の経験者。

そうした求職者が他にも応募していることが多く、既卒者は最初の書類選考の段階から不利になり、不採用になるケースはとても多いです。

応募しても応募しても面接に辿りつけない・・・と悩んでいませんか?

「既卒歓迎の求人」

だとしても、他にも応募者が多数いるものです。

本当に「既卒歓迎、既卒向け求人」を探すには、既卒向け就職支援サイトを活用する方法が最も良いでしょう。

⇒ DYM就職

⇒ ジェイック

⇒ 就職shop

などの既卒向け就職支援サイトでは、本当に既卒歓迎、未経験者歓迎の求人を紹介してもらうことが出来ます。

面接対策もサポートを受けられますし、自力での就活と比べて高い内定率の元、就活を進めていくことが可能です。

既卒ニートから正社員就職を成功させるためには、いくつも就活の方法はありますが、既卒向け就職支援サイトを活用する方法が最も成功率が高くオススメとなります。

-既卒ニートの就活
-,

Copyright© 既卒おすすめ就職・就活サイト , 2019 All Rights Reserved.