既卒 正社員就職のためのオススメ就活サイト

既卒おすすめ就職・就活サイト

内定率が高い、既卒オススメ求人サイト

フリーター就職

フリーターが就職しやすいのは「年明け求人が増える時期」

投稿日:

年明け 求人増える時期の就活

既卒フリーターの就職、いつが良い?就職しやすい?

既卒フリーターの方が就職しやすい時期について、ご紹介しています。
もし、短期間で就職成功したいのであれば、

⇒ 既卒向け就職支援

の活用がオススメです。

最短で1週間など、短期間で内定獲得する方も多数です。

既卒フリーターから早く就職して正社員になりたい。

既卒になってから就職活動に専念するためにアルバイトをせず、無職で就活をしているという方もいるかもしれませんね。

既卒者、フリーターから正社員就職を目指す際にも就活をするタイミングはとても重要です。

就職・転職に関連してとても重要な事ですが、一年の中でも、

求人が増える時期

求人が減る時期

があります。

就活を頑張っているけれど、良い求人が無い。
応募したい会社も全然見つからないし、応募しても就職できない・・・と悩んでいるとしたら、もしかすると求人が少なく、企業の採用ニーズが少し下がっている時期かもしれません。

年明け求人が増える時期の就活がオススメ

一年の中で最も正社員求人が増える時期は、年末年始が終わり、1月、2月、3月です。

年明けの求人が増える時期は4月入社予定で採用を行いたい企業が多いため、とても採用ニーズが高く職歴なし・社会人未経験の方、既卒フリーターの方などにもオススメの就活時期となります。

既卒フリーターが就職しやすい時期、求人が増える時期についてみていきましょう。

年明け求人が増える時期は就職しやすい?

1年を通して見たとき、正社員求人数が増える時期は大きく2回あります。

  • 年明け1月、2月、3月
  • 9月、10月

の2回です。

冬のボーナス支給後は退職者が増える時期です。

また、3月末で退職する人も例年増える企業が多いため、人材補充のために中途採用が増える時期となります。

あえて未経験者を採用したい企業もあります

即戦力を採用したい中小企業が多いですが、あえて真っさらな未経験者を採用して育てたい、という中小企業もたくさんあります。

他の企業で働いた経験のある人材は、前の職場のやり方が抜けない可能性もあり、社風に馴染まない可能性もあるためです。

そのため、あえて正社員として就職経験の無い既卒者、フリーターを採用したいという企業もあります。

年明け求人が増える1月~3月の採用活動に関しては、

「4月までになんとか予定人数を採用したい!」

という企業も多いことが考えられ、採用に積極的な企業に応募出来た場合には内定が出やすい傾向はあると言えます。

業種にもよりますが、新規店舗オープンのために人材採用したい場合、採用が失敗すると新規店舗がオープン出来ない可能性もあります。

そうなると、人事担当者も必死です。

そこへ未経験であっても仕事への熱意があり、志望動機もしっかりしており、若く素直な人材が応募してきたら、内定が出る可能性は高いでしょう。

求人サイトへの掲載時、採用決定時など費用が発生するタイミングは求人媒体によって異なりますが、お金が掛かることです。

基本的には本当に、人材採用をしたい企業が掲載をしています。

そして、その中でも「既卒歓迎」「フリーター歓迎」といった求人を掲載している企業が増えてきています。

年明け1月から求人が増える時期にも、こうした既卒者、フリーター向けの未経験歓迎の正社員求人が増えますので、効率良く情報収集をして応募をされることをオススメします。

そのためにオススメなのが、既卒フリーター向け就職支援サービスの活用です。

一年中、募集を行っている企業はどう?

求人サイトを一定期間見ていると、なぜかずっと中途採用を行っている企業を見つけることがあります。

それも複数の求人サイトに渡って掲載していることもあります。

通常、人材採用は社員が必要になったときに行われます。

  • 退職者(休職者)が出たので人材の補充が必要
  • 新規事業、新規店舗のためのスタッフ増員

などのタイミングで募集がかけられます。

一年中、中途採用を行っている企業は、

「離職率が高く常に人を採用しなければならない職場」

「不人気の業界・職種で、応募が本当に無い会社」

といった可能性が高いです。

離職率が高く常に人材採用をしなければならない企業は、ブラック企業である可能性が高いですね。

既卒者、フリーターといった方の就活期間は長くなる傾向がありますので、「なんかいつも見る会社だな?」と思ったら、会社名をメモして口コミ・評判などを調べてみると良いかもしれません。

就活が長引くと、内定が欲しくて今まで応募を考えなかった企業へも応募しようかな・・・と考える可能性があります。

その時、ブラック企業へ就職しないことが重要となります。

ブラック企業は内定が出やすいので、就活に苦戦しきっているとつい入社を決めてしまいがちですが・・・早期退職しては意味がありません。

既卒者、フリーター・ニートなど未経験者を採用して、しっかり育てて戦力になってもらいたいと考える企業に就職できるように、就活に取り組んでいきましょう。

既卒 フリーターの就活期間

既卒になってからの就職活動は中途採用を狙っての就活となりますので、通年採用です。

いつでも就活をスタートすることが出来ます。

新卒の時は就活スケジュールがあって、それに沿って準備を進めた方も多いと思いますが、高校や大学卒業後は、自分で就活しよう!と決めて求人を探し、企業研究をして面接対策をして、といったことになります。

自力での就活の場合には、既卒者が就活にかかる期間としては2ヶ月~3ヶ月が一般的といえます。

  • 1ヶ月目 自己分析、情報収集(就職サイトへの登録、ハローワークで求人検索/就職相談など)
  • 2ヶ月目 情報収集、求人への応募
  • 3ヶ月目 そろそろ内定が出る頃

中途採用であっても、書類選考に1週間、1次面接、2次面接とこなす期間が必要です。

そのため早い方で1ヶ月半、多くの場合には2ヶ月前後の就活期間となる方が多いようです。

内定が出て入社が決まったら、アルバイト先を退職する手続に入ります。

バイト先には就活を始めたときに報告しておくと、バイトを辞める手続きもスムーズに進むのではないでしょうか。

既卒の就活期間は、期限を決めることが大切

既卒になってからの就職活動は、期限を決めて集中して取り組むと良い結果(内定獲得)が出る傾向があります。

就活を始める時期にもよりますが、求人が増える時期が一年に2回(年明け1月~3月、9月・10月)ありますから、その期間を目指して就活準備、就職活動に取り組むのもオススメです。

「就職できるまで頑張る!」

と思っていても、1年などの長期間、高いモチベーションを維持するのは無理です。

集中してこそ、企業研究も徹底的に出来ますし、志望動機もアピールできるものが作れます。

モチベーションの低い状態で面接試験を受けても、不採用が続きさらにやる気も低下していく可能性が高いですよね。

「○月までに就職成功する!正社員になる!」

と就活期間にも目標を立てて、就活に取り組まれることをオススメしたいと思います。

就職しやすいのは既卒1年目です。

既卒2年目、3年目以降となると、空白期間についての質問が厳しくなってきますので、さらに就職できない期間が長引くことになりやすいです。

既卒フリーターが就職しやすいのは、採用ニーズも高い「年明けからの求人が増える時期」

既卒フリーターが内定をもらいやすい時期は、求人が増え、企業の採用ニーズが高い年明け求人が増える時期です。

既卒になってからすぐに就活を始めたけれど、不採用続き。
一旦ストップして、リフレッシュ。

改めて自己分析をしたり、情報収集を行いつつ、1月~3月に照準を合わせて就活準備をするのも良いと思います。

この時期は、既卒フリーター向け求人を多く取り扱う就職支援サービスにも、多くの求人が依頼される時期です。

⇒ 既卒向け就職支援

を利用しての就活の場合、フリーター歴が長い、ブランク期間が長い方も短期間で就職成功できる可能性があります。

既卒から正社員就職を目指すための就活方法はいくつもあります。

自分に合った就活方法で進めることも大切なポイントになりますね。

時期的に近いのであれば、正社員就職を目指す際には「年明けからの求人が増える時期」も狙って就活を行ってみてください。

-フリーター就職
-, ,

Copyright© 既卒おすすめ就職・就活サイト , 2019 All Rights Reserved.